鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」を見てきました。いやー8:45からって早すぎじゃないかな。でも見に行ってよかった。まぁ映画なのでちょこちょこっと説明ぽくキャラ紹介とか入りますが、そこは仕方有りませんね。取り合えすアクションがすごかったですね。:BONES カウボーイ・ビバップからと記憶しているのですがアクションはすごいですからね。そしてクオリティはいうことありません。ネタバレ避けるために何も書きませんが、ハガレンらしくてよかったのではないでしょうか。人が落とされていくシーンは自動雀卓とじゃないか思ったりもしましたが、立場の弱い国の人々の正義はやはりああなりますよね。子供向け?に社会の縮図見ているようでした。ハガレンといえば前のアニメシリーズの會川昇さんが大好きなのでハガレンにハマったぐらいですからね。社会のルールに抗おうとする中高生ぐらいのお話は大好きです。
今回は坂本真綾さんを堪能させていただきました。エスカフローネの時知ってからもう何年になるのだろうか。ストーリー的に残念なのはウィンリィとマスタング大佐の空気っぷり・・・最初の映画の時も有りましたがここまで使わないなら引き回す必要ないのにと思います。セントラルで待っていて最後に行ってあげたほうがウィンリィぽいと思うのですがね。ああでも公式HP行ったら出番なかった三人でやってるな。
ボヤキっぽく書きましたが、ストーリーも面白く、全体的には上出来でした。見に行って損はありませんよ。


では、あとはちょこちょこ今日の出来事を


ミッドランドスクエアシネマ名古屋では今日けいおんのアイマスク付き前売り券の発売日ということで、映画館に着くと150人ぐらいが列んでいました。私は特に欲しくなかったのでハガレン列に並んだのですが、チケットも購入終えてみてみるとまだ前売りが残っているようだったので、買ってしまいました。一人10枚購入できるだけあって、自分がもらった整理券番号が1252番係員の持ってる残り札からすると1500枚ぐらいはあったのかもしれません。アイマスクは、あずにゃんと唯でした。映画始まって開場時いただいたのがハガレン11.5巻これはワンピース的な商法ですが、自分的にはパンフレットよりこっちのほうが良いシロモノでした。そしてカバー裏のMBS的なのりがよかったですね。スクエニだけじゃできませんよあのネタw
昼過ぎ109シネマズナゴヤに行ったのですがコチラもまだけいおん前売りが残っていました。コチラは一人2枚までで番号が273番、なんだか入荷数が全然違う印象をうけました。ということでコチラでマルドゥック・スクランブル燃焼の描き下ろしA3メタルポスター付きを購入、あわせて忍たまもまた見に行かないといけないのが増えたな。



名駅に戻る時自販機でドラゴンボールのジュースを発見。ここまで気を放出できる飲み物が開発されるとは・・・CTVショップはコナン押しだったのか外の看板が上手に描かれていました。やるな店員さん。JR名古屋駅の新幹線口に行くとなんというポスター。これ本当にいいのかなと思わせる。化物語、rewrite、マクロスF、灼眼のシャナ、ヴァンガードのオンパレード。愛知本当にいいのか?名古屋の窓口がこんなので



栄を歩いていたらアサヒスーパードライ エクストラコールドBAR NAGOYA 栄を発見。
-2℃~0℃のスーパードライを飲むことができるのですがコレが同じスーパードライ?と思わせるほど、泡がクリーミーで美味しかった。話を聞くと氷点下まで冷やすことと、コップを極限まで綺麗に洗い、氷水でコップを冷やし注ぎ方にもルールがあるみたい。あとビール自体も直送で一般ルートとはちょっと違うとのことでした。店員さんと話すと自分で注げますよということで挑戦。一つ一つ教えていただきながらビールを注ぐのですが最後に一口飲むのが美味しかったですね。終にエクストラコールドマイスター認定証を頂いきました。コレも同値段なので皆さんも挑戦してみてください。

アニメブログ絶対可憐チルドレン26巻AA人気ブログランキングよろしくお願いいたします。
次の記事:南海奇皇(ネオランガ)

前の記事:薫無双
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR