宇宙ショーへようこそ フィルム2 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです


昨日に続き今日も宇宙ショーへようこそを見に行ってきました。昨日貰った劇場来場者特典【宇宙ショー メモリアルフィルム】のコマはアルバイト後に集合しみんなで稼ぎを数えるシーンでしたが今回はギャラクシー超特急の中で記録を行うトニー中心のテーブルを囲むシーンです。2連続で円卓シーンとはついているのか?まぁ人物が映っているだけでもOKですね。

1回目はストーリーの流れを把握するために見ていたのですが、家に帰ってパンフレットを読むと裏設定がてんこ盛り過ぎてこれを知ってしまったからにはもう一度見ないといけないということで名古屋109シネマズの15:40の回に行ってきました。やはり終わりが18時となると子供連れは居ませんでしたね。

まずは冒頭からピョン吉の動きを見張ります。パンフレット通り居るのがわかりますね。初見では絶対気づかないと思います。目覚まし時計とかも細かい、初めからいたるところにこり過ぎです。
昨日見たときは、内容を把握するのに一生懸命で、いろいろと説明されないことが多いため、長いお話だなと思ったのですが、今日はなんだかあっという間でした。
音楽も気にしてみましたが、本当に内容に合わせて音楽をつけていらっしゃることがわかります。言われないと気づかない細かいところが凄過ぎます。(フィルムスコアリングを行っているとのこと)
子役声優も、テレビによく出ていっるような役者(芸能人)に有名だからといって声を当ててもらいがっかりすることが良くあるのですが、この作品では本当にそれが無いですね。
小山夏紀のお尻好きを思ってみていると、ギャラクシーエクスプレスのドアの閉まる所と音が下痢中の・・・・に思えてきて・・・・いけませんねw

この作品、科学的におかしいだろと思うところは、話を面白くするためにあえて無視して、純粋にストーリーの流れだけを見ていればとっても楽しめると思います。まぁいろいろなところが気になってしまうのも確かですが(良い意味で)、全体の映像美、キャラの動き、表現に満足できると思います。

最近2度見て失敗したなと思ったのは「いばらの王」ですかね。はじめ先入観無く見たときはとても謎だらけで面白かったのですが理解するために単行本読んでからもう一度映画を見たら、わからなかった行動の意味などがわかるようになって、何だこの終わりは?という感じになってしまったのですよね。あれはたぶんアメリカに売っていくと言っていたので、人間が神に代わり創造するのはOUTということで、あんなどうしようも救いようのない終わり方になってしまったのでしょうね。まぁいろいろ面白かったからいいですw

アニメブログ漫画ブログ人気ブログランキングよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR