東日本大震災支援「コミックライターズ∞」チャリティーイベント 1 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東日本大震災支援「コミックライターズ∞(エイト)」チャリティーイベントが2011/06/12東京サンプラザ中野にて行われました。自分がこのイベントに応募したはがきの枚数は1枚。運よく当選しました!今までに50枚とか出したイベントも有りましたが外れたこともあったので1枚にかけたのが良かったのかな。他に3枚だされたという方も見えましたがそのかたは椎名先生ではなく久米田先生に当選されておりました。見ましたがすごかったですよ。



ということで当日ですが私はここ以前椎名先生の大阪サイン会の行われた阪急32番街からスタートでした。前日ほぼ寝てないだけにきつかったですね。9時過ぎに会場に着くとかなりの人が並ばれておりました。エレベータに乗れる人数が限られるため10人ずつ上に上がっていきます。上に上がるとハガキ確認と当日入退場ができるようにリストバンドが配られます。その後受付列に並びます。



受付列では中をとったときがこんな感じで壁に5名方ずつ入り口北側から、久米田康治先生、椎名高志先生、河合克敏先生、藤田和日郎先生、村枝賢一先生
入り口南側から曽田正人先生、藤原芳秀先生、七月鏡一先生、皆川亮二先生、たかしげ宙先生の机となっておりました。イベントの進行がわからない中でもこの先生の名前を見ているだけでもすごいなーておもってしまいます。

受付にて自分の当選した先生(サイン色紙、椎名先生のみ生原稿 各5000円)とそのほか3名の先生まで本を購入することによりサインを頂くことができそちらが1000円でした。



自分は、椎名高志先生と河合克敏先生、藤田和日郎先生、皆川亮二先生の権利をゲットしました。久米田先生の権利は速攻無くなったみたいです。曽田正人先生は通常のは出していませんでした。椎名先生はサイン色紙にサインという形でした。
受付終わって今日のオークション物品が並べられていましたので見てきました。



るかるかさんのページを参照していただければと思います。
作家の先生の秘蔵品やこの日のために書き下ろした物、絶対に世に出ない、ネームにから原稿下書き、色の見本塗、ノベルティなどすごい数が出展されていましたね。久米田先生の人形は世界に1か2個しか存在しないといういいながらオークション中の扱いがすごかったですね。



椎名先生の出品物はTwitterでも予告されていたので特に変更はなかったです。全部で9セットですかね。サイン色紙にはCDがセットされていました。賞味期限切れの乾パンには椎名先生が東北地方に送られた絶チルに貼っていた絵柄のシールに賞味期限切れと書かれていました。

出展物をみて、会場に居た知っている方々と合流しました。以前にお会いしたことある方が9人、当日初めての方が2人ですかね。そのなかでも自分の中で、何度訪れたことかわからないC-WWWの深澤さんに初めてお会いすることが出来たのが感動でした。何度かお会いしたこともあり、お世話になりっぱなしの、こーやこーやのるかるかさんと共に自分のかなでは椎名先生のファンの巨塔なのです。本当に嬉しかったです。そしてこの集合した面々のうち東海支部の方が7名と異常なまでの中部率の高さだと思ってしまいました。聞くところによると抽選は全国でブロックごと抽選という形だったのか北は青森から南は沖縄の方まで当選されていたようです。(沖縄の方は確認済み)集まってくださった方にも四国の方がいらっしゃたので本当に地域補正なしに抽選したんだなという感じでした。

とりあえず今日はここまで書いて力尽きました。コメントへのお返事とそれぞれサイト様へのお返事も順次させていただきます。すみません。
後半は東日本大震災支援「コミックライターズ∞」チャリティーイベント 2でオークションとサイン会について書きますね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR