仲間たちと駆け抜けた戦場・・・全てはここから始まった!! - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶対可憐チルドレン338th sense.終わりの始まり(1)
先週の引きから過去編の再スタート1942年と兵部少年は12歳となっております。まぁしかし、アニメ、本誌と読んでいたらタイトルが兵部京介物語の中にスピンオフで絶対可憐チルドレンがあるかのようなね錯覚すら覚えてしまいます。

京介くんは身長も伸びすごく成長したイメージですが、不二子ちゃんはこれからなのか超能力の成長より胸の成長にエネルギーが回っているのではないかな。

本編のお話は時代背景の説明から入っております。突然戦地じゃ何も分からないですもんね。今度の舞台
ゴーストラリア(オーストラリア)北東ネオブリテン(ニューブリテン)島 バラルー(ラバウル)飛行場
ということで史実と照らし合わせるとラバウル航空隊で1942年早春はWikiから
1942年2月20日4空中攻隊、ラバウル攻撃米機動部隊の接近を察知し雷撃攻撃。自爆・未帰還9機。
1942年 2月23日1空中攻隊がラバウルに着任。
1942年2月24日からニューギニア島東南部、ポートモレスビー基地攻撃を開始。
1942年3月7日南海支隊の一部のサラモア上陸、海軍陸戦隊のラエ上陸で終戦まで続くニューギニアの戦いが始まる。
1942年3月31日原田機96陸攻乗組員一同、モレスビー基地陣地へ自爆命令で特攻。

てなっていますのでこの何処かで志賀、芥、夏見の3人のうち一人がなくなるのですね・・・伏線としては訓練中の怪我の治りが早いところから志賀さん、超能力幹細胞の話から精神感応(夏見)や瞬間移動(芥)と話が出ているが、雷能力と幻視能力(ヒュプノ)がまだ兆候が無いところからすると芥が有力かな。まぁ死ぬ間際にギフトされる可能性もあるからなんとも言えませんね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR