帰ってきた超能力少年(1) - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_4345.jpgねるねるね~るね。またまた何が起こるかわからなくなった絶対可憐チルドレン284th sense.
幽体離脱のように少佐のもとに呼ばれる不二子ちゃん。格好からして12歳ぐらいの時の管理官です。それが、夢という形を通して少佐がブラックファントムの元へ乗り込むところを見せているのでしょうが、不二子ちゃんに志賀さんから京介を頼むって言うにしては年齢が若すぎる気がするがこれは現状においての残留思念(フェザー)的なものと考えれば良いのかな?まえに宇津見さんに助けられたときはもっと大きかった気がしますからね。実際不二子ちゃんも少佐同様、見た目含めた年齢止まっていたりして。
今回はとにかくコマ割りが大きいのですが少佐が額の傷を見せながら入ってくるだなんて相当キレている証拠ですね。にしても先生は攻め込み方一つでもギャグを挟まないと済まない所がいいですね。ブラックファントム側もあの警備のなさといい、少佐が来るのは織り込み済みの対応。ノーマルのテオドールはおどおどしているのに対し、黒い幽霊は余裕そうなところを見るとノーマルではないのかな?隠し玉的に能力があってもおかしくは無いですね。
で、登場したのがギリアム、驚くべきことは少佐に気取られることなく背後に回っていることですね。ユーリもそうでしたがギリアムもヒュプノの超度が高いのかな?
悠理も同じ悪夢を見ているところからすると今回のテレパスはフェザーが行なっている可能性が高いかな。未来シーンに居た人物を考え、フェザーが複数人の思念体とするとLv7で波長があうのは薫、葵、紫穂、不二子、ユーリという感じでしょうか。何故ユーリは少佐を殺すのをギリアムにやめてと言ったのか?普通の女の子として生きてみてミラージュとして蘇ることは無くなった・・・と見せかけての現状最新の20歳のギリアム、ユーリシーンに行ってしまうのか?もう何だかかんだかわからないまま年末進行で年明け持ち越しになるんだろうな。嗚呼早く続きが知りたいようで知りたくないような。
ラスト京介くんもどうしてそうなったという引きですよね。ガンダムだったら戦闘シーンなかったら発狂する人出てきそうですが絶チルならバッサリカットもありえなく無いですから知りたいが描かれるのはもっと後でというパターンもありえそう。この少佐も少佐過去編と同じぐらいの年に見えますので、幽体離脱した不二子ちゃんの年と近そうです。と言うことは陸軍超能力部隊のあのコマからすると不二子ちゃんがかくまうのかな?今だとどんな反応するかな。きっと途はギャグで来るだろうな。
今回の少佐は少佐らしい言葉で久々だなーて感じがしました。最近は京介くんのイメージが強かったので乗り込み方が良かったです。
薫が皆本の前で京介と言わなくなりましたね・・・
アニメブログ絶対可憐チルドレン28巻AABLOGPEOPLEよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR