想いは、虚空の彼方へ―― - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_9057.jpg 

絶対可憐チルドレン356話 リターン オブ ファントム 10
ユーリvsフェザー京介 立ち位置がなんだか早打ちみたいになってるな。
京介君もレベル7であるユーリの前にしては時間稼ぎにしかなりませんでした。
ユーリはギリアム(なんであれ)が兄であることを否定しないというかブラックファントムも父であることを否定しませんね。
京介くんに与えたかった「子供」としての幸せな思い出(時間)は少佐がユーリに対して与えたかったものでもあります。次に合うときにミラージュが黒い幽霊として生きていくことを決めたいた時、少佐は現れ全力で相手をすると言っていましたし、この後のチルドレン対ユーリ戦でユーリは本当に家族を取るということかな。少佐の敵は「幸せな思い出を奪ってその未来をも破壊する奴ら」ですから、ユーリと戦っているように見えて中のギリアムと戦っているのかもしれませんね。まぁギャグで皆本は吊るし上げられてしまうのですが、未来予知からも死なないから大丈夫ですね。

この前、劇場版あの花を見に行ったついでに漫喫に行って「こじか」を読んできました。
エロが多すぎて少年誌では無理ですが小学生編までの絶チルが好きな方はこの「こどものじかん」と重ねていた方も多いのでなないでしょうか。青木先生の贈る言葉はくさいですがものすごく良い言葉を連発します。コメントからの引用ですが

子供が集団生活で社会を学ぶためとかいうけれど、結局は何のため?
それは、幸せになるためです。
僕たちが生きるのは、幸せになるためです。
幸せの形は人それぞれで、自分で見つけるものです。
でも難しくはありません。
あなたの好きなもの、友達や家族、好きな教科や趣味なんでもいい。
それらといっしょに生きて行くんです。
落ち込んでもうダメだという時もあなたの好きなものが、あなたを救います。

大丈夫

ひとりで生きなくていいんだとーー。
だから好きなものをたくさん見つけてください。


やっぱり皆本にはこういう言葉を期待してしまいますね。

こじか自体は終わってしまいましたが一度読んでいただけるといいかと思います。
自分的には りん:薫、くろちゃん:葵、うさ:紫穂、青木:皆本、レイジ:少佐かな(賢木も捨てがたい)そうすれば絶チルとほぼ同じ状況になりますしね。16歳なったら・・・まぁ読んでみてくださればわかると思います。

 幸せになるとは、自分の居場所を見付けること か・・・  こどものじかん
いつみてもこれが素晴らしいです
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR