時をこえて向かい合う、あたしとあたし――― - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

fc2blog_2014022315013529c.jpgゆーぽん先生風の少佐 いやどうでもおよいのですが、皆本丈夫だな。
フェザーを伊号のポットに封じるってマテリアルと脳みそだと同居やばいでしょうね。カタストロフィ号の操船装置設定もアンリミからきていますが、あんな形で持ち運びできるならもともとどこにあってもよかったのかもしれませんね。
フェザーが残した最後の言葉「必要なときがきたら、あなたはためらわないで」あの未来が実現しそうでよかった。
顔の書かれていない陸軍超能部隊メンバー 少佐が変わっていく物語にもなりそうですが、もう小学生編の「薬が効かなくなってきている」から未来のベットで伏している少佐までに変われるのかな。その時が来るまで温存されている不二子ちゃんともに最後はこの二人で飾ってほしくもある。子供たちにつないでいく感じで。
次号 中学生編最終回・・・
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR