絶チル 過去編4  12試艦戦A6M1計画 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶対可憐チルドレン266th sense.ジェネレーション・ゼロ(4)

サプリメント仏間はもっと使われるかと思ったら一言でした。今の小学生にはわからないのかな。ヌガミ・ハジメ上等兵とヤドリギ・アキオ伍長は、祖父の従兄弟みたいです。2本目、サ・ガ

扉絵はオトコの裸祭り テレポーターて太ってる人見たことないけど、なぜだろうか?
宇津美さんの長髪は相当なこだわりがあるのかな。その2ページ後でも言っているぐらいですからね。P5は夜に怪談を宿舎に向かって読み上げたとき並に悪い顔をしています。しょげた不二子ちゃんの可愛さは葵に匹敵するものが有りますね。シガ・タダシ曹長の「しが=志賀」、アクタ・リュウ上等兵の「あくた=芥」と。P11犬神が鳩を狙っていますが「イタチの屁はヤバい」と言いながら軽く首の骨折って絞め殺しています。戦時中もこんな平和ボケしたハトだったのですかね。
四菱重工のプロトタイプ(ゼロ戦)、これはブログに説明が載っていますね。間違いなくこの子は兵部 :週刊少年サンデー11/34号12試艦戦A6M1計画「零式艦上戦闘機」はネットで調べるとすぐ出てきますね。ただし再来年に正式採用(1940年)される試作機とのことです。この戦闘シーンは今までに単行本に出てきたことあるかな?

昨日唐突に絶チル26巻発売記念、実況ツイート大会が開かれました。事前予告がなかったため多くの方は参加できなかったかと思いますが私は参加できました。よかった。ということで、ログは椎名高志先生のイベントアカShiina_eventを御覧ください。

最近椎名先生が「ふと「今頃ミュージカル『嵐が丘』は開演直前か」と思い出し、楽屋で出撃を待ってる平野さんを想像して燃えた。漫画にしたいシーン。」など色々とつぶやかれているなーと思ったら、舞台初日に平野綾さん宛に花を送られており、ロビーに飾ってあるそうです。ここにイラストとかあったら見に行きたいな。となりのお花は原哲夫先生とのこと。そこら辺りのツイートはタイバニにTHE ビッグオーが出てきたということなのかな?ビッグオー!! ショーターイム!!!てつぶやかれております。ドロシーの声の方はクレヨンしんちゃんですよね。矢島晶子さんの声はマジで凄いと思う。
あとは「絶チル痛車とジーザス痛ハマーと照英の併走
椎名高志先生のバッテリーの上がった車の話から七月鏡先生のボケで発展する痛車のコラ話ですかね。これは面白かったです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR