闇よりも深く、この世を真っ黒に・・・ - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_3408.jpg
絶対可憐チルドレン434th バトル・オブ・人事(1)

やはり真面目な話の時にもギャグを入れないと気が済まない椎名先生、これが嫌いな人は相当多いでしょうが私は大好きです。
テオドールは黒崎君みたいにはなれませんでしたね。オフランスでのギリアムとの一戦以降企業力を落としていたとのこと、テオドールの有能さは椎名漫画ではすぐにギャグにされてしまいますからね。オマケとかではメタネタもばらされてしまうので、それぞれのキャラも作者にネタにされないように細心の注意を払って行動しているようですw
今まで黒い幽霊側で作成者が謎となっていたレアメタルの結晶ですがブラックファントム自身が作っていたようです。でも、今まで語られていなかったとはいえブラックファントムはノーマルとばかり思っていたのですが違ったのですかね?
wikiからも
黒い幽霊のボス。もとは武器商人だった。妻が超能力の暴走で廃人となってしまったことから、超能力を強く嫌悪しており、これがブラック・ファントム設立の動機となった。人工的にギリアム・ユーリの2人の子を儲けたが、2人を道具としてしか扱っていない。人工子宮で人造エスパーを産み出す実験を各地で行っており、それらを完成させる為に様々なエスパーの遺伝子情報を集めていた。
とあるように本人が使うことはないと考えられるからな、ということはユーリが薫にレアメタルのイヤリングを送ろうとする少し前にギリアムは父親を手にかけ洗脳、手元に置いておくはずのユーリが外に出てきたのがその証拠なのかもしれませんね。
だとすると、未来からフェザーを送ることの最初の発端はブラックファントムとなり、理由はギリアムを救う手立てを誰かに残したかったということだったりして。。。チルドレンたちに未来を変えさせれば当然ギリアムも変わるわけですから、これで2010年以来出ていない伊9号がブラックファントム側にいたりしたらない話ではないかもアンリミからすると早乙女隊長はコメリカにいるわけですし、ブラックファントムトムの組織であろうノースロップ・グラマン社もコメリカ。つながりがあってもおかしくはありません、2020年の薫を撃つまえに皆本が行っていた国もコメリカ、ブラックファントムと早乙女隊長からギリアムと少佐を止める何かを入手して戻ってきたのかもしれませんしね。

バトルオブ人事、最後にオー人事オー人事にならないことを祈るばかりですが、先が楽しみです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR