アニメ情報誌3月号発売 アンリミテッド兵部京介 今後の放送予定 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネタバレ含むため嫌な方は読まないで下さい。

DENGEKI Girl's Style (デンゲキガールズスタイル) 2013年 03月号
PASH!(パッシュ) 2013年 03月号 Newtype (ニュータイプ) 2013年 03月号

今日はアニメ情報誌の発売日ということで本屋さんに行って来ました。
今回HPとかでもTHE UNLIMITED 兵部京介のことが書いてあるのは電撃とPASHですね。電撃はゲーム雑誌なのでアンリミのことは「乙女にオススメアニメ」の所で1/4程度の簡単な記事でしたが、パッシュは見開きで2ページ使ってくれていました。今回アニメディアに何も載っていなかったのが残念。見開きは兵部&ヒノミヤ、皆本&賢木 2つのコンビの裏事情ということで今まで放送のシーンから選り抜きという感じです。皆様もチェックしてくださいね。

後はニュータイプからアンリミテッド兵部京介の2月のタイトルと内容が発表されています。(まぁ放送中のが全部載っているのでいつものことなのですが)今後アンリミは怒涛の展開ということで



#6 闇、走る-Astrue as alife-
パンドラの次のミッションは新型の超能力無効化装置(ECM)の強奪に決まった。
作戦決行前夜、いつものように葉とビリヤードに興じるヒノミヤたちのところへ寝付けないでいたユウギリがやってくる。ユウギリに絵本を読んであげることになったヒノミヤ。
しかし、その脳裏に去来するのは自らの過去と葛藤「半端ものだった俺が……」。
寝息をたて始めたユウギリを後に、本を戻しに入った図書室でヒノミヤは偶然にもある光景を目撃する。
脚本:猪爪慎一/絵コンテ:神保昌登・五十嵐紫樟/演出:神保昌登
作画監督:深川可純・石井ゆみ子/総作画監督:たかぎじゅん


#7 超能部隊 前編-Generation ZERO PART Ⅰ-
兵部が少佐と呼ばれるようになる以前、彼と超能力という”才能”にまつわる過去が明かされる。
戦時下の日本へと降り立った兵部少年。
よしみのある蕾見男爵のもとに引き取られた兵部少年は、男爵の娘で不二子と言うなの少女と出会う。
脚本:兵藤一歩/演出:林明偉/絵コンテ:山本祐介/作画監督:遠藤大輔

#8 超能部隊 後編-Generation ZERO PART Ⅱ-
ある事件がきっかけで、兵部少年兵は軍が誇る再新鋭戦闘機と1対1の対決をすることになった。
超能舞台からの選りすぐられた彼は厳しい訓練を重ね、ついに対決の時を迎える。
一方、兵部少年の戦いの裏では悲劇が起きようとしていた。
脚本:兵藤一歩/演出・絵コンテ:田口智久/作画監督:Cindy H.Yamauchi、田寄雅郁

#9 カタストロフ-Pandora's box opens-
ECM強奪作戦は成功したと思われたが、パンドラの仲間たちは、敵の仕掛けた罠にかかってしまう。
窮地に陥ったパンドラの仲間たちを参謀の真木司郎に任せ、兵部は単身でカタストロフィ号へと戻る。
そこで兵部は、その場に居るはずのない人物に出合い……。
脚本:兵藤一歩/演出・絵コンテ:北篠史也/作画監督:中山正博、村山俊了、今岡大


過去編キタ!あんだけCMでも兵部京介は3-10-28-29巻からと推していましたし、TVでも写真や回想挟んでましたもんね。これは次週、クイーン・オブ・カタストロフィ号で絵本読もうとしたら宇津見さん出てきて過去編突入。過去編終わったら6話の続きになっているというパターンか。最近のエピソードは完全にスピンオフであるアンリミというより絶対可憐チルドレンの2期をやってくれている感じで嬉しいです。
2話で好評だったCindy H.Yamauchiさんは8話で作監、普通A4の紙で作られると思うのですが、動きや背景などがド派手なのかA3の紙で作業されており、めっちゃ大変と言われていました、その後も「本日も朝までコースで兵部ナイトです。今回は半パートで数は半分だけど、2話に比べると内容が大変だなあ。」などと言われていますのでこれはものすごく期待できそうです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR