アリイどん - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンデーGXのページより元椎名先生の担当の方がゼッチルについて
アリイどん(3/25)
去る3月18日に発売された『絶対可憐チルドレン』16巻、発売後1週間の消化率がずいぶんと良いようです。あくまでも初速なので、トータルではこれまでと変わらなくなるという可能性ももちろんある訳ですが。まあ一応「このタイミングで何故なんだろう?」という話し合いが関係者の間でもたれる程度には調子が良い模様。ワタクシも現担当のウサさんたちといろいろ話してたんですが、これといった原因は発見できませんでした。アニメももうすぐ終わるし、1巻を買ってない人がいきなり16巻から買いはじめるなんてなさそうだし。で、結局、出た結論が『アリイが貧乏神だったので、いなくなって売り上げが伸びたんじゃないか』と。
おおーい!! それプロの編集者の出す結論じゃねえよ!!
まあ、仮りにこの仮説が本当だったとして(←自覚があるのか!?)、貧乏神にとりつかれたGXの、春から夏にかけての売り上げが非常に心配になっちゃうわけですが。貧乏神と呼ばれないように、がっつり頑張ろうと思います。ええ。

アリイどん(3/26)
風邪ひきました。数日前からなんか鼻が詰まるな~と感じていて、この歳になって花粉症やっちゃったかと思ってたんですが、昨日の夜から喉に激痛&発熱。こんな花粉症はねえ!! って、ようやく気付きました。いやー、困った。声がほとんど出せません。今日の『絶チル』アニメ打ち上げはパーティー会場の隅っこでおとなしくしてれば良いとして、明日には万全の体調で臨みたい大事な打ち合わせがあるんですが。何とか今日中に体調を戻したい。帰りにオレンジ買い込んでビタミンCたくさん摂ってみよう。


と言われております。単行本売り上げ好調おめでとうございます。「このタイミングで何故なんだろう?」は、サンデー本誌であれだけ掲載位置が後ろなのに単行本が売れるから続いていた、絶チルがサンデー50周年でアニメ化するという奇跡を遂げたわけですから、こんなことが起こってもなんら不思議じゃないのです。ようやく美神世代の人がアニメ終わるから続きを読もうと購入したと言うだけなのではないでしょうかね。もうお子さんがいる方も多いでしょうし親世代が買ったと言うことでしょう。またサンデーの低年齢路線とは全く外れてしまうのですがお金を持っている大人からも持っていない子供からも集金できるいいことですね。
絶チルアニメ打ち上げこちらは作成スタッフメインでしょうね。声優の方々ではないのであまりブログとかには上がらないか。椎名先生の記事を待つこととしましょう。
←ランキングよろしくです
TVアニメ『絶対可憐チルドレン』、最終回アフレコ後のキャストコメント到着(マイコミジャーナル)
ということでCD、DVDの発売に合わせてコメントが載っております。
写真に写っている方が27人?とかなり多いので最終回は全員集合かな。

どうして 涼風 -りょうふぅ-ぜひ、イベントに遊びに来てくださいね♪
ぜひ行きたいのですがもう新幹線の切符取ろうかなw当たっても無いですが。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
時々、絶チルアニメ感想ブログとか見ると
絶チルアニメは(原作)時系列がごちゃごちゃなので、
ネタバレを防ぐために、最終回見終わったら、全巻買いに行く!という人もチラチラ
1、2クールものと違って、1年もやっていると
爆撃のような形でチャート上では見えにくくても、
確実にファンは増やしているのではないかなーとか。想像したりして。
[ 2009/03/28 01:57 マリー 修正 ]
グッズよ売れろ
マリーさんコメントありがとうございます。
絶チルファンがじわじわ増えてくれると本当にうれしいですね。発行部数が伸びればまた新たにこういう作品も増えてくるかも知れません。
丁度単行本の新刊がTVの続きからというのがかなり売り上げを伸ばしている秘訣だと思いますね。うまい商売して第2期につなげて欲しいものです。

また、このブログものぞきに来て下さいね。
[ 2009/03/28 16:36 管理人 URL 修正 ]
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR