巨大地下神殿でギリアムの計画始まる? - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近会社に住んでるぐらいになっていて家に郵便局から誰が住んでいますかというハガキまで届くようになってしまった管理人です。今日は久々に26時に帰れたので夕飯やらアニメ見てたらもう朝でしたwで12時に起きるとこれはいかなければとなり行ってきました。ツイッターから抜粋ですがまとめます。
BZK-Eu1CYAAiH7H.jpgBZK_bDQCEAA-XJv.jpg
とりあえずめちゃ遠い。春日部の郊外です。平日以外に公開されるのは年に一度!この日しかないとのことなので貴重なチャンス行くしかありません。着くとなぜか忍たま乱太郎。公共施設ですしね。公共放送の忍たま乱太郎はよいが最も多くつかわれていそうな仮面ライダーとかは地下にはいませんでしたね。
BZK-ieJCAAEeQ-g.jpgBZK_1FzCQAAXyhn.jpg
では突入です、入口階段で降りていきます。最下層までついて中に入っていくと不二子ちゃんと紫穂がいたような金属製の歩く場所に囲まれていることがわかります。
BZLBsd8CAAAKVcN.jpg
と葉が言っているように物が腐ったような匂いとか泥が底に頭っているのかと思ったが凄く綺麗になっていましたね。 清掃予算半端ないなw
BZLBXiRCYAAsHOp.jpgBZLAKmBCMAAtqvU.jpg
ということで首都圏外郭放水路に行ってきました。土日に見学がない公共施設なのでこういう機会が社会人にとっては非常に重要です。今年は11月16日17日に10周年記念ということで2日間の公開となっています。
行くととにかく広い。人ってよくこういうの作れるなと関心してしまいます。
以前住んでいた名古屋にもいっぱいあるのですが全部非公開ですよね、栄の地下の100m道路の地下のところはプールがあったりといろいろと問題になりましたが一般市民には公開さえされていませんでしたので幻の公共施設ですよね。
名古屋城の地下に変電所があったり、町中に高圧電線の鉄塔がないのは全部地下とか、名城線の地下車庫や大須の地下の名鉄線や鶴舞線と桜通線の地下接続。大きな公園下には地下調節池があるのですがみんな非公開ですもんね。こういうの戦時には防空壕として使うのも前提にあるんだろうな・・・まぁいいかそんなこと。
BZNCE1FCAAAycgs.jpgBZLChUACMAAxS6d.jpg
この未来は今のリターンオブファントム次第でなくなってしまうかもしれませんが、今日行ってみると壁面にはこんな印が、本誌は2014年ですから2013年はユーリが文化祭でパンドラ少佐、3幹部と対峙した直後ぐらいかな。その時もこの場所を使っていますが、ギリアムが同じ場所でユウリシステムを作り出すというね。何とも言えない気分になりますがギリアム的には面白いでしょうね。本当に困ったものです。まぁあんな設備作るのに時間かかるでしょうが洪水になりそうになったときにどうするのかなw金で解決か。。。
このユウリは遊離でしょうけど・・・

埼玉県春日部市上金崎 国土交通省江戸川河川事務所庄和排水機場「龍Q館」
首都圏外郭放水路の壮大さを肌で感じてください。 地域住民のみなさまに、「地下神殿」と呼ばれる巨大な調圧水槽を見学いただき、防災への意識向上を図っていただくため、見学会を開催しています。洪水防止施設・首都圏外郭放水路を、ぜひご体感ください
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR