椎名先生のストパン、まどマギ、タイバニ、イラスト - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来週はG.W.でサンデーが合併号のため椎名先生がいろいろとイラスト書いてくださっております。昨日載せた「おとめ妖怪ざくろ」につづき、「よんでますよ、アザゼルさん。」「ストライクウィッチーズ」「魔法少女まどか☆マギカ」「TIGER & BUNNY」の落書きと称するイラストを公開されております。どれも落書きと言うにはもったいないほどの出来栄えにいつも驚かされます。
ストパンの最初はリネット・ビショップというキャラで中の人は名塚佳織さん誕生日がちょうど4月24日生まれと画像を公開された日と一致しておりますのでちょっと狙ったのかなーと思います。サーニャ・V・リトヴャク役の門脇舞以さんには以前に送られたことありますしね。まどマギのほむらにタイバニの虎徹&バーナビーのイラストへのアクセス数はすごいものがありますね。ついでに絶チル26巻も宣伝すればいいのにとちょっと思ってしまいました。

今までの椎名先生の書かれたイラストのまとめはこちらからどうぞ。

ニュースで大御所漫画家のホルモン炊き出しサイン会なう。みて調べてみたら
23日12時より福島県川俣町で有名漫画家さんらと私でBBQイベントをします。
参加予定メンバー(敬称略・あいうえお順)
板垣恵介、浦沢直樹、かわぐちかいじ、かざま鋭二、こしばてつや、西原理恵子、佐藤秀峰、葉月京、東村アキコ、福本伸行、真鍋昌平、本そういち、森川ジョージ。以上です。
福島で皆さんに食べて頂く食材は超人気フレンチOGINOの荻野シェフ特製カレー100kgと米300kg(荻野シェフより協賛)と吉祥寺『わ』のホルモン200kgです。さらに西原理恵子さんを通じて高須クリニックの高須先生からも高須CLINIQUE化粧品の高須クリーム100万円分送ってくださいました。あと、義援金も。知り合いに福島県人の方がいれば来てもらってください。

というのがありました。ブログ見ると色紙も出ていますので観てみてください。『わ』日記

椎名先生の単行本は、上のではなくSCHOOL OF LOCK!「HOPE COMIC」という活動のようです。『ギャラリーフェイク』を執筆されている細野不二彦先生が中心とのことで今のところ
相原 コージ「コージ苑」「サルでも描けるまんが教室」「ムジナ」
青山剛昌先生「名探偵コナン」「YAIBA」
赤星たみこ
あだち充「タッチ」「H2」「クロスゲーム」
一色登希彦「日本沈没」
今井 大輔「SEED」「ヒル」
うめ「青空ファインダーロック」「東京トイボックス」
カミムラ 晋作「ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記」「必蟲SWEEPERS」
河合単「ラーメン発見伝」
北崎 拓「なぎさMe公認」「ますらお」
久保保久「よんでますよ、アザゼルさん。」
国広 あづさ「七人のナナ」「めっちゃキャン」
黒丸「クロサギ」
咲 香里「スマッシュ!」「はじめてだってば!」
さくらば つかさ「1年3組にゃんぱち先生! 」
椎名高志「GS美神 極楽大作戦!!」「MISTERジパング」「絶対可憐チルドレン」
嶋野 千恵「マンガ偉人伝 チェ・ゲバラ」
新條 まゆ「快感♥フレーズ」「ラブセレブ」「あやかし恋絵巻」
曽田正人「め組の大吾」「昴」「capeta」
高田裕三「3×3 EYES」「万能文化猫娘」「碧奇魂ブルーシード」
高橋留美子「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」
武村勇治「我が名は海師」
長尾 エボシ&いくるみかおる「あまからい生活」
並木洋美「 88 エイティエイト」
にしがき ひろゆき「ちょこらん」
野間 美由紀「パズルゲーム☆はいすくーる 」
原秀則「ジャストミート」「冬物語」「王様のホームタウン」
速水翼(はやみよく)「霊媒師多比野福助」
藤島康介「逮捕しちゃうぞ」「ああっ女神さまっ」
藤田和日郎「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」
星里もちる「りびんぐゲーム」
細野不二彦「Gu-Guガンモ」「ギャラリーフェイク」「電波の城」
松田 未来「アンリミテッド・ウィングス」
三島衛里子「高校球児ザワさん」
皆川亮二「スプリガン」「ARMS」
村枝賢一「俺たちのフィールド」「RED」「仮面ライダーSPIRITS」
森真理「なーんとなくブーリン」「銀のしっぽ」
森尾正博「ビーチスターズ」
元町 夏央「あねおと」「ふわり」
森田 崇「機動戦士ガンダム クライマックスU.C」「アバンチュリエ」
山田 圭子「ゴーゴーヘブン!!」
山田貴敏「Dr.コトー診療所」
横山 了一「極☆漫 極道漫画道」
よしづき くみち「魔法遣いに大切なこと」「フレフレ少女」
<敬称略*作家名 / 代表作>

そうそうたる方々で構成されております。寄贈されるところは本当に羨ましいですよね。岩手県遠野市か。

魔法少女まどかマギカの感想
最期まで見る価値はある作品でしたね。でも新房監督の作品とは思えないな。名前貸し?ギャグがない作品なんてコゼットの肖像?途中から見てないからなんとも言えませんがそれぐらいしか思い浮かばないぐらい、ギャグがない作品を知りませんからね。まぁ私の浅いアニメ人生じゃほとんど見れていませんが、ギャグがないのに納得がいかなかったのですよね。ギャグに毒されすぎという可能性も否定できませんが。あとは文字反転。
とりあえず最後まで通してみましたが自分の感想が (EVA+トップ+lain+2*(ラムネ&40炎ーダ・サイダー))/5です。要素としてEVAのようにパラレルワールドのやり直しでシンジ君=まどか、傍観者はカオル=ほむらで、他の登場人物も当てはめられそうですよね。lainは神様になって世界を書き換えてしまいます。そこに安定を与えるのがアリス=ほむらであり、QB=お父さんというところ。ラムネは繰り返しと変わらない恒常性と仲間ですね。ラムネス=ほむらにして、死んでいく仲間たちが魔法少女、最後にゲームクリアしても恒常性は変わらないと・・・ギャグ役がいないので「また会おう」といってもダ・サイダーのように涙は出てこないのですよ・・・QBはPQでいいや、名前近いしw トップはトップ2かなノノはノノリリになりたいんですが、まどかは魔法少女になりたいんですって感じ。
見ていてクオリティーも高く、面白かったです。いまだに「マギカ」の意味がわかりませんが魔法少女がラテン語で書かれているのに何か理由があるのかな?タイトルの意味がわかるといいのですがFLCLなんてタイトルの意味知ったのDVDの何年後という感じでしたからそうはなりたくないな。ツイッターでやり取りしている間にタイトルが「魔法少女まどかの魔法」に思えてきました。あっているかな?
後は、【最後に決めた「まどか☆マジック」】でもいいかもw

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR