絶チルとかたつむりのお話 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残念なことにクラブサンデーの『今週のサンデー』が 絶対可憐チルドレン 265th sense.と繰り上がって掲載となってしましました・・・来週の火曜日に早読みできるかと思ったのですが無理だったようです。椎名先生のブログにも夏の停電対策で印刷所の締め切りが早まったもんで、ワタシはともかく、担当がこの世の終わりみたいな声を出しやがるのですよ(笑)と書かれているように、遅かったのか別作品に切り替えが行われております・・・ということで水曜日まで待つこととしましょう。

ということでクラブサンデーで読むことのできるサンデー32号のサプリメントの かたつむりのお話は、論文の研究者の方からお返事が着ていましたね。
椎名高志さんが週刊少年サンデーに連載中の「絶対可憐チルドレン」で、僕の研究がネタに使われました!
うわ、なんかすいません(笑)。カタツムリのこと調べてて、最新の研究に感動してお借りしました。地道な調査と創造性が発見や進歩につながるんですね・・!


研究者さんの「ほそのぺーじ」にて 「右利きのヘビ仮説: 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化」という本や論文を知ることができます。researchのページで読むことが出来ます。

週間アスキーの「カオスだもんね」のように「萌えろ!高校生物I・II」さんのページにコミックライターズ∞チャリティイベントレポートが載っております。文章系でレポートされているところはいっぱい有りますがマンガで描かれているのは初めて見ました。椎名先生の箇所が上がっていましたので記事に、「コミックライターズ∞チャリティイベントレポート(6)」、はじめから読みたい方はこちらからどうぞ

アニメブログ絶対可憐チルドレン26巻AA人気ブログランキングよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご紹介ありがとうございます。
p13も椎名先生のサイン会の様子ということで,TBさせていただきました。
覚えていらっしゃらないかもしれませんが管理人様には当日葵ちゃんの生原稿について「これすごく最近の原稿ですよね」と声をかけさせてもらっていまして,そういう意味ではこのページに出てくる椎名先生のファンの人のモデルの一人ということになりますね(「手が震えてる」と言ったのは確か別の人だったかな?ルックスも違ってると思いますがご勘弁を(;^_^))。

あれの作成の際にはこちらのブログも大変参考にさせていただきました(もっと熟読すればもっと正確に描けたと思うのですがとにかくあれ以上急いで描かなければいつ終わるか見当もつかない状態だったので)。本当にいろいろな意味で感謝いたします。

とても楽しかったイベントが終わった後もこうして続いているみたいでとても嬉しいです。ぜひ第2回に続いてほしいですね。
[ 2011/08/01 01:54 ドージマ・ダイスケ URL 修正 ]
こちらこそ
記事を読まして頂きまして漫画で描かれるとあんなにも当時の情景が浮かぶものなのだと楽しく読ませて頂きました。なんとなく覚えている気がします。私たちが並んでいるところから折り返して丁度真横ぐらいじゃないですかね。そんな気がします。本当にまた皆が忘れかけた頃にチャリティ行っていただきたいですね。
[ 2011/08/07 20:27 管理人 URL 修正 ]
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
◆コミックライターズ∞チャリティイベントレポート(13)
チャリティイベント,椎名高志先生のサイン会はとんでもないお宝大会に!
[  萌えろ!高校生物I・II 2011/08/01 01:08  ]
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR