絶チルに再会できる - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
20140823220853.jpgIMG_1097.jpg

仕事が忙しくネットもみていない間に椎名先生のブログが更新されております。
「絶チル高校生編・COMING SOON! :週刊少年サンデー2014/40号 」
8月19日で2話目・・・とても心配になるペースですがカラーとかもあったと考えるとこのくらいなのでしょうか?
すでに絶チルは始まってから10年経つんですよね・・。そんとき10歳だったらもう20歳ですよ。15歳だった読者は今もう25歳ですよ。若い読者の、そして私自身の当時の感覚で考えればものすごい長期連載です。(←重要)
と書かれていますがるかるかさんのところにもあったように単行本の1話としては2004年39号から絶対可憐チルドレンはスタートしております。そのちょうど10年後の2014年39号に絶チル連載を重ねてきたところは椎名先生にも思うところがあるのでしょう。本当なら10年後ですから20歳の彼女たちでも良かったのですがというかあのシーンはどういう形であれ残して欲しかったのですが白紙になった未来では存在しない可能性が高そうです。高校生編で終わりで大人編はチルドレンじゃないと無さそうですもんね。。。
椎名先生の当時の感覚というのは2005年33号週刊連載1回目の完成速報「俺が打ち切られたら、誰かがあとをついでくれ。光は絆だ。」もあるように最初からクライマックス・・・いつ打ち切られるかのサバイバルレースをおくっていたのも今となってはアニメから入った人も多くその影さえ感じないのですがこうやって書いてくれることが当時からのファンの人達へのネタ振りになっているのでしょうね。
10年・・・だれか今までのところで「secret base ~君がくれたもの~」バックにまとめてくれないかなw
執筆が進まない間には長野に行かれていたようで長野といえば蕾見山荘となるわけで早々に過去編が来るか?
お盆は大阪へお墓参りでコミケ参加はされていませんでしたが今年は編集の方の同人誌買いあさりはあったのかな?

マフィア梶田の二次元が来い!:第220回「アーロンチェアに腰掛けてサイコロを振るバレットガールズ」にTLで有った椅子のお話が関連が載っています。
8/25(月)発売の少年サンデーSでマンリミがセンターカラー絶チルはサンデー38号とかでは巻頭カラーとしか書かれていませんでしたが絶対可憐チルドレン野上葵&三宮紫穂編によると表紙まで絶チルのようです!誰が来るか楽しみですね。
で、マイファーストビッグコミックですがリトルプリンセス1が5ページしか無かったりと編集が加わっていますね。
389ページの葵いつ見てもかわいいわ。私が椎名先生より頂いたタカラモノです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR