蕾見男爵邸 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日に「あの花」巡礼で秩父に行ってその帰りに蕾見男爵邸に行ってきました。

IMG_9258.jpgIMG_9222.jpg

こっちが蕾男爵邸

IMG_9261.jpgIMG_7742_201309082329576ea.jpg

こっちは蕾男爵邸別邸です。

でやっぱり自分もツイッターで「蕾見山荘と噂の建物」「ここで少佐撃たれたん?」とツイートしていたように、なんか違うようなと思っていたのですが、みんなアンリミの影響をもろ受けているのが原因なのでしょうね。原作で少佐が撃たれるのは壁際であり、長野県の蕾男爵邸別邸です。

20130908231239.jpg20130908231218.jpg

しかし、アンリミでは外観は蕾男爵邸別邸で内観を蕾男爵邸にしてしまったために誤解が生じてしまっているのでしょう。まぁ内観が蕾男爵邸でないという事も考えれれます。蕾男爵邸別邸の真ん中3つのうちの右側の窓は上が円形ですが あそこ外に出る通路のドアですよね?たしか。別邸側は内側が写真取れないて書いてあるは喫茶店になってるはで入らなかったのですが、結婚式の業者の写真見る限りそんな感じです。
アンリミでは演出上、月は必須ですから壁際だと絵になりませんもんね。この窓で演出的には正解!
無印アニチルでは「蕾見山荘!突入せよ!」と「突入せよ!あさま山荘」をかけていましたね。浅間山荘は場所も長野ですし軽井沢はありえますね。

IMG_9262.jpg兵部たちは赤城の撃沈に立ち会ったわけだが、その後羽黒ちゃんに救助されたような気がしてきた。そしてその後羽黒ちゃん編に突入するような気がしてきた。羽黒ちゃん編。兵部も不二子も早乙女も出ない。 椎名高志 (@Takashi_Shiina) September 7, 2013
宇津美さんが紙で作った船で助けに来てくれるのですが、ネタで帰るのにとても時間がかかったてのがあった気がします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR