薊 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第49話 「有為転変!えっ、皆本が!?」2009年3月15日(あにてれより)

事件解決のために出動していた谷崎主任が何者かに襲撃され、記憶喪失の状態で発見された。発見時、谷崎の手には『アザミの花』が握り締められていたらしい。そんな中『ザ・チルドレン』に出動要請が入る。いつも通りの活躍で、見事国際ギャング団の検挙に成功するが、最後に検挙したエスパーは記憶を失っており、その場には件の『アザミの花』が残されていた。アザミの花言葉は、報復・・・。そして記憶の操作・・・。残されたヒントから、皆本が事件の背後にいる存在に気付いた時、その魔の手が皆本に迫り、記憶を奪われてしまう!さらに兵部の暗躍も相まって、事態は皆本が子供になってしまうという史上最大のトラブルへ!!どうするチルドレン!?

WEBサンデーより
「黒い幽霊」が、チルドレンを抹殺するために、まず皆本をねらってきた! 自宅前で不意をつかれて意識を失ってしまった皆本は、すぐにバベルに運び込まれる。だが、目を覚ました皆本は10年分の記憶が失われ、体も小学生にもどっていた!!

有為転変は「世の中のすべてのものが絶えず変化して、しばらくの間も同じ状態にとどまることがないこと。」(四字熟語データバンク)
薊(あざみ)の花言葉は「権威、厳格、人間嫌い、独立、満足、報復、復讐、批評家」(花言葉ラボ)

ということで今回はかなり違うお話になりそうな感じ、谷崎主任がみんなからほっとかれて自力で記憶を取り戻し「みんな死ねばいいのに」と言っているようなイメージがわいてきますね。
次回予告のラストぐらいにユーリが薫の事をクイーンと呼んでいるのが気になりますがブラックファントムはトリプルブーストの力だけでなく未来の予知も知っているのでしょうか?まぁバベルにも予知課があるぐらいですから巨大施設が他のところにあってもおかしくは無いはずですね。イルカが予知できて予知課がまったく予知できないというのもおかしな話ですし。でも予知課の予知っていつも何が起こるかまではわからないような気もしますね。イルカはやはり凄いのか?
そういえばチルドレンが行動をするのもある一定以上の事件にしか出ないといったところでいろいろ条件が出てきた気がするが忘れてしまっているな。単行本16巻が出るのを待ちますか。
こんな感じに今週の絶対可憐チルドレンも楽しみですね。でも月曜日東京に出張だな。入り時間によって前日入りとかになったらゼッチルが...まぁ無いことを祈りましょう。
←アニブロよろ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR