アンリミテッド兵部京介#11 『嵐の中のふたり (OUTLAWS)』 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のお話はなんというかモナーク大酷よりひどいというか時間がなさすぎてこうするしかなかったというのが見え見えのお話となってしまっております。
原作者の椎名先生もニコ生再生後のツイートで人気のあった作画監督のCindy Yamauchiさんに「ぜひ修整に参加してくださいww」ブログにてただ正直、この回はディスク収録前にいくつか映像の修整案を私の方からも提出するつもり。特にあそこは二人の心象にピントを絞るべきで、背景の空間や時間を意識させちゃいかんと思うのですよ。具体的には「テレポート妨害チャフを振らせたのは兵部とヒノミヤを舞台演劇的空間に配置するためだったのに、空気読んで待ってる大量の戦闘ルンバ(通称)がパンフォーカスではっきり見切れちゃいかんだろう」という(笑)。という発言が飛び出す内容となっております。
ニコ生放送後のアンケートにおいても
201303232300192d3.jpg
と77%と過去最低記録を打ち立てる結果となってしまいました。まぁ今までのを見てきた人からすると今回はちょっとね~という人が多いのは事実しょうがありません。この結果を踏まえ11話はDVDやBDで新11話として収録されTV版の11話は映像特典として収録されるのを期待します。

本編
20130324001155.jpg20130324001204.jpg
エスパーの管理された正解を目指すアランと早乙女にとってニューヨークは快い場所では無いですよね。市長とともに粛清しないと。というのが根底にありお話がすすんでいきます。アランの元からエリア51に侵入する兵部とアンディ、でもそこはルンバが飛び交う戦場であったwていう説明が合うぐらいルンバ形警備ロボットが働いているのですよね。あのセンサーの反応具合を見るとパトレイバー2の映画を思い出します。
今回はアンディと少佐の回ということですが銃撃しても当てない、空気を読むルンバが素晴らしいと思っていたら椎名先生がと神ツイートを投稿するあたりすごすぎます。
先回の先生のブログでヒノミヤは謝らないと言っていた理由は今回にありましたね。この二人の会話シーンのためだけに今回があったといってもおかしくありません。
20130324004748_stitch.jpg
20130324004807_stitch.jpg
「悪かったな ずっと本当のことが話せなかった」
「本当のことなんて下らないさ そんなの僕は口にしたこともない」
「嘘や隠し事を許せない奴が人を信じられるものか」
ここのBGMと話の間のためにこの話は存在しているのですよね。
20130324005210.jpg20130324005920.jpg
ルンバさんはあれだ、男同士が尻をくっつけて本音を語るというインプットされてない予想外の状況にとまどって長考してたのよきっと
コメントに笑ってしまいました。

最終的決戦の場ニューヨークへ赴く面々も能力的にユーリに匹敵するユウギリにても出ません。
葉の最後の言葉「じゃぁなジジイ」には皆さんいろいろと思うと転がったのではないでしょうか。

20130324010824.jpg20130324010821.jpg
#11『嵐の中のふたり -OUTLAWS-』
脚本:兵頭一歩/絵コンテ:神保昌登/演出:神保昌登/作画監督:徳田大貴・松下純子・鎌田 均・服部憲知

#12『未来へ -LΛST RESOLUTION-』  最終回
脚本:猪爪慎一/絵コンテ:五十嵐紫樟/演出:米田和博・五十嵐紫樟/演出協力:北條史也・田口智久/作画監督:山本 航・山村俊了・田寄雅郁・たかぎじゅん
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
THE UNLIMITED -兵部京介- :絶対可憐チルドレン 第11話「嵐の中のふたり -OUTLAWS-」感想
亡霊が2人死の淵から甦ってきた(((((ペд゜)ヘ(((((ペд゜)ヘ ユウギリたんを救うため、アラン・ウォルシュUSEI局長宅を強襲する兵部京介とアンディ・ヒノミヤ! 2人の方が悪者みたい
[  空色きゃんでぃ 2013/03/26 16:15  ]
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR