ニコ生 THE UNLIMITED 兵部京介 上映会 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/1/12 22:30に「THE UNLIMITED 兵部京介」 第1話 アニメ上映会 (番組ID:lv120279281)が行われ、そこで椎名先生のツイートとその後にブログにてアンリミの1話についての感想などが公開されました。ということでそれに合わせて自分が思ったことを書いていきます。

まずはツイートから私もプレミアムでのニコ生なんて初めてで全くいつ始まるのやらよくわからなかったのですが
ニコ生のしくみがよくわかってなくて、開場前に入り口をクリックしまくって「か、関係者だー」と叫んでいたことは秘密だ。
見て安心していました。そして本編が始まります。
20130113001145.jpg20130113204708.jpg
やはり少佐であるからには飛び降りなければ     やっぱり糸色チルさんじゃねえ?ww

少佐といえばやっぱり草薙素子ということで攻殻機動隊シリーズに一貫して最初にある少佐の飛び降りシーンのオマージュから始まっていたのですね。
椎名先生の言っていた糸色チルというのはこのキャラのことかな?この糸色チルは久米田康治先生の絶望先生で出ていたのですが、

その後、絶対可憐チルドレンで渋谷で現れ、ザ・チルドレンに逮捕されるのですがデコイであり、そのまま、絶望先生でデコイのまま収監されることになります。

で、その後どういった経緯があったかはわかりませんがアンリミでデッドロックに居るということになっていますね。
椎名先生と久米田先生の中の良さは絶望先生10巻発売記念コメントでメープルピンピンとして登場したり、東日本大震災支援「コミックライターズ∞」チャリティーイベントでいじったりされていたのが印象に残っております。
持ってます #Zchildren on Twitpic
持っていますとツイートされたいた少佐ストラップは絶対可憐チルドレン 28巻限定版のものです。
パンドラに入会したい方はぜひご購入を

「ギャグになるのでコメリカという名前は使わない」というルールですww
という割に3話のモナコの説明ではモナコがモナークになってたなと・・・
音楽めっちゃかっこいい
これよく考えると少佐が戦闘中に流れていたBGMが声優イベントが始まる前にかかっていたとても暗い曲だったのですね。
兵部の前で幼女に悪いことをすると死ぬフラグ
ニコニコでもロリコンと言われてましたね。皆本といい兵部少佐といい・・・
これがアンリミテッド・モードだッッ! 漫画では本気を出してなかっただけ!
この言葉が心配でなりませんが少佐が本でアンリミテッドモードをすると薫に気絶させられたシーンとかが無駄に・・・まぁこれは本誌には持ってこないと思いますがどうかな。
皆本の出番はこのあとですw もう少々お待ちを
皆本の予告は毎回この路線で行きますww
大典さんも今回は台詞ひと言だったしねw
となんとも声優の無駄遣いw最後にニコニコ動画でのアンケートが行われました。
20130113213614.jpg とても良いが80.1%と好感触。
なんといっても良くないという票が少ないのが本当に良かったのですが、すぐさまコメントで「やおい」と表示されて狙ってるなとビックリしました。
2013/01/13 23時現在 ニコ生のほうが来場者数:15380人 コメント数:9986 ニコ動が来場者数:55438人 コメント数:4917この一週間でどのくらい伸びるかな?

このあと終わりと同時に椎名先生のブログが更新されます。
TVアニメ『THE UNLIMITED 兵部京介』 第一話:「超常脱獄 -Schooler of deadlock-」

ジェネオン・松田章男プロデューサーの尽力により、兵部京介スピンオフをマングローブさんに作っていただくというこのプロジェクトがスタートしました。
の一言から始まりますがアニメディアも1月号2月号とこのPとの会話で構成されていますものね。
きっとユウギリの登場と東山さん起用もこの方の力かと想像します。

舞台は一応チルドレンたちの小学生編終了直後、パンドラは主に海外で活躍していたとされている時期です。といってもいくつか不整合はあって、なんといっても一番大きな独自設定は兵部の「アンリミテッド・モード」ですね。
舞台は小学生編終了直後で海外で活躍していたあたりとなると相当な短期間のお話ですね。自分的には飛ばした小6から中学生編で戻ってくるまでの約2年だと思っていたのですが、小学生後からパンドラ戻ってくるまでとなると衣替え前までとなりますから2013年の3月~6月の間と非常に限られてしまうのですが本当かな?

 兵部の体はかなり無理を重ねている状態で、本気を出すと命を縮めます。なので、専用のリミッターをつけて普段は力を抑えているのです。原作にピンバッジ型リミッターはないけど、まーあれだ、たぶん第二ボタンあたりがこっそりその仕事してるんですよ。
この設定、とうに無くなってしまったのだと思っていたのですが椎名先生の中で生きていたことが判明。と言うことはだんだん薬が効かなくなっているとかあのネタも生きているのですね。少佐が不二子ちゃんみたいにエネルギー吸い出したら別の感じになるんだろうな・・・あれは管理官だから絵的にも大丈夫なわけでw

『UNLIMITED』は<部外者・ヒノミヤの見た兵部>の物語・・・キャラデザインも含めて全体のトーンがこれまでと違うのは、ヒノミヤの主観・・・の作品と原作とのつながりをあえて伏せました。・・・釘宮さんの声がした瞬間「前作とつながった!」・・・<昔懐かしい割れるバリヤ>の向こうに現れるカタストロフィ号・・・壁一枚向こうにはちゃんと絶チル世界があった、という趣向
本当に考えられていますね。これであの2話につながるのですから素晴らしいです。

そもそも絶チルは「若く不器用で型にはまらない個性」と、「それを理解して導く青年」のラブコメディーとして始まりました。私にとって大事なのはその主題だったので、そこが引き立つように設定はあまり凝らず、懐かしい超能力作品群へのオマージュとしたのです。
ということで椎名先生の過去のHPから少佐の初登場を紐解くと
さて、兵部は皆本と対になるキャラで、ユングいうところの「シャドウ」ってやつですね。バッドエンドへの導き手として、薫たちを誘惑して堕落させる使命を与えて投入しました。が、この男、与えられた以上のいい仕事をするようです。チルドレンだけでなく、皆本を、さらに作者までも堕落させようとするとは完全に予想外。もはやコイツの暴走を止められません。…というわけで今回のエピソード、作者には責任能力がないということにしてください。ボクの中のモンスターが悪いのです。
この時から少佐は生まれてきて持って出てきた何かがあったのかもしれません。
何故少佐が脇役だったかといううと絶チルの本誌連載最初の時の椎名先生の椎名百貨店電子版から
基本コンセプトは「ソリッドな秋葉系でない、背骨の通った美少女SFコメディー」。今の少年誌にはビミョーな路線なんですが、それに懸けたこの執念、同世代の大きいお友達にはわかってもらえるよね(笑)? 勝ち目があろーとなかろーと、俺はこーゆーの好きだし簡単には捨てられない。俺が打ち切られたら、誰かがあとをついでくれ。光は絆だ。
で不安になる言葉から始まるのですがこれの意味は前の絶チルアニメ始まる時にも語られています
漫画版『チルドレン』は諸般の事情から短期決戦が予想されてましたので(笑)、執筆に当たって「メッセージ最優先」で作ってました。「とにかくもう言いたいこと先に言ってバックれよう」みたいな。
なので言いたいことのほとんどは1巻で言い切り、その後なんとか続き、アニメも始まった頃の15巻にて暫定最終回を迎えることになるのです。
(あの頃は絶チルが本誌の後ろの方に行ったり、椎名先生がアンケートよろしくいうだけで打ち切りが心配でしたねw)

アンリミテッド兵部京介1話に出てくるキャラについても以前のアニメの時に語られています。
兵部は幼さと老獪さ、優しさとサディスティックな面を併せ持つダークヒーロー、物語のもうひとりの主人公です。チルドレン、中でもとりわけ薫を自分の分身と考えていて、失った少年時代のイノセントを重ねて慈しんでます。心の傷と憎しみのために大人になれず、亡霊として薫にとりついている男。彼女の幸福を願う一方、自分と同じ道をたどることも望んでいて、その矛盾故に強く執着しています。救われたいと切望しているけれど、それが実現してしまうと悪霊としてしか生き続けていられなかった自分の存在が無になってしまう・・・いわば太陽の光に恋こがれる吸血鬼。作者はコイツがせつなくて、どーしようもなく好き。記事

桃太郎はアニメ版ではマスコット的な扱いになるかもですので、番組の顔として釘宮さんにお願いすることになりました。桃太郎は兵部のシャドーで、彼の中のデリケートな部分を代弁するキャラです。釘宮さんのような愛らしくて存在感のある方に演じていただけることになって望外の嬉しさです。  
 さらに、澪はいわば「裏チルドレン」で、ダークサイドに身を置いて、でもけっこう楽しそうにやっている、チルドレンのもう一つの可能性。釘宮さんなら澪をチルドレンの三人と対等のヒロインにしていただけると思ってます
記事

賢木:年下の皆本が『チルドレン』に見せる母性に惹かれていて、彼の前ではちょっと子供に戻ってしまう、そんな賢木センセイ。何にも頼らず生きていこうと決めて、実際そうしてるんだけど根は甘えっ子で、そんな自分がカワイイことも知ってるもんだから女の子にはモテモテ。男として非常に腹の立つヤツなのですが、キャラも中の人もカワイイので許します(乙女回路作動中)。
この時、皆本とマッスルは声優さんにしか触れていませんでした。

アンリミテッドモードはザ・チルドレンのトリプル・ブーストと対になっている演出
にしては今回のほうが頑張ってる感じがするなw

試写会で遊佐さんが言ってたように、「可憐ガイズ」って本人の意思とはまったく無関係な呼び名
についてはDVDの映像特典として付くかもしれませんが「先行上映会&キャスト舞台挨拶レポ」にも書いていますので良ければどうぞ。

東山奈央さん演じるユウギリは『UNLIMITED』と『絶対可憐チルドレン』をつなぐ重要なキーパーソン
これは気になりますね。お話を見ていく中で要チェックです。

次回第二話では、”兵部のみっつのしもべ”こと真木・紅葉・葉が大活躍。そして原作でもまだ語られていない、兵部が学ランを着ている理由が明らかに・・・お楽しみに!!
とのことで少佐はバビル2世のオマージュであり3幹部は真木:ロデム 黒豹の姿→いつも黒スーツ。葉:ロプロス 超音波を放つ 紅葉:ポセイドン 攻撃力は三つのしもべ中最強→空間固定で攻撃力は最強となっています。
でもこのバビル2世設定は絶対可憐チルドレン本連載版第1話「天使で悪魔」の没ネームで水元(皆本)、紫穂:ロデム 薫:ロプロス 葵:ポセイドンでやっているのですよね。ということで表のバビル2世がバベル、裏がパンドラという感じですかね。

少佐の学ランの理由も本編では語られていませんが兵部少佐誕生祭にて説明されています。
大雑把に言うと学ランは喪服 自称17歳だが肉体は15歳の1930年04月15日生まれ。2013年で83歳になります。この当時の記録を追うにはツイッターがそこまで遡れないと思いますが探すか、2010年の兵部少佐バースデイ・なりきりツイート → 2011年の椎名先生の兵部少佐誕生祭 → 絶チル26巻発売記念、実況ツイート大会 で語られています。
ここでは裏話も知ることができますので一度読んでみると絶チルを深く知れるのではないでしょうか。

長々書きましたが、家のそばのTSUTAYAではビデオは借りられていましたし、単行本は大人買いされた形跡がありました。こんなかんじに売れてほしいな。

自分のアンリミテッド兵部京介1話の感想はこちら

最後記事と関係ないですが
渋谷アニメランド「白石涼子」1月13日 (日) 午後8:05〜午後8:55 (50分)
にて早春賦が流れました。いや~流してくださりありがとうございます。今回絶チルメンバーはアンリミに出なさそうですが、こういった小さな宣伝も重要ですね。(頼まれていないでしょうから愛ですねw)


アニメブログ絶対可憐チルドレン33巻AABLOGPEOPLEよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR