C79旅行記-序 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
コミックマーケット79に行ってきました。イヤー本当にネタに困らない旅となりました。
長くなりそうなので折りたたんでいますので、読むときは展開して読んでいただけますようお願いいたします。ココでは絶チルの商品の事出てきませんので絶チル関係のグッズは次の記事で確認ください。

まず最初に、合って下さった方ありがとうございました。ネット上だけでなくお会いできるということはいいことですね。またどこかでお会いしましたら、お誘いやかまっていただけるとありがたいです。

ではスタート。
28日の10時30分ごろ名古屋を出発します。まぁこのときは高速とかで寝て日をまたいでから東京着けばいいよね。という感じでノープランで出発。まぁいつもこんな感じに最終目標だけ決めてそこまでの道程は名物を探しながらいくという感じで旅しています。

お昼、何か名物を食べようということで着いたのは豊橋。B級グルメブームに後押しされて突如始まった、豊橋カレーうどんを食べました。

私が行ったお店は勢川本店というお店です。
豊橋カレーうどんは
1:自家製麺を使用する。
2:器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。
3:日本一位の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する。
4:福神漬または壺漬け・紅しょうがを添える。
5:愛情を持って作る。
これが守られていれば具などの工夫は店独自の物になってもOKとのこと
食べたものはオーソドックスなタイプ。店は満席でしたが、カレーうどん自体最近の企画なため、メニュー表にはまだ載っていませんでした。味はカレーうどんは普通。とろろご飯との相性は、大丈夫!とろろがご飯にカレーが進入するのを抑えているため白いままで、とろろはカレーの味を阻害しないのですよね。おいしかった。ちょっとビックしりたのは、カレーハウスCoCo 壱番屋 豊橋岩田店には豊橋カレーうどんが存在するとパンフレットに書かれていたことですね。お店独自のメニューて矢場町?のココイチのバーガー以外にもあったのだなと感心しました。鶉の卵とかサイドメニューにないですもんね。豊橋で鶉の卵を使うというのは、前に秘密のけんみんショーでそばを食べるときにうずらのたまご割り機が一緒についてくると放映があったように本当に特産なのですね。

その後は東静岡の1/1ガンダムを見に行ってきました。
夏に行ったときは営業時間外だったため今回はしっかり鑑賞しました。

もうこの時点で夕暮れ。まだ平日ということもあってか人はまばらでしたが、ガンダムが蒸気を出しながら首を振るショー的なものが見れてよかったです。ガンダムの足元を歩いて触ることができるイベントも行われていました。下からガンダム覗くと、あそこの部分が出っ張っているのですね。新たな発見でした。引いて写真撮るといつもALSOKの警備員にしか見えませんw 大須のダンボールフリーダムガンダムも同じぐらい驚きましたけどね。

一通り見てその後は、併設されている静岡ホビーミュージアムに。ココの凄いところは中の写真を撮り放題というところ。中にはプラモの歴史という感じでいっぱい展示されていました。メインはやはりガンダムという感じでしたが、痛車や特撮、TVアニメもの、お城、パチモノとかも普通に展示されていて面白かったのですが、自分的に面白かったのは

5レンジャーの絵を見てサンレッドはそのままジャンと突っ込みを入れたくなしますね。キングモグラスはバベルの特殊雪上車の原型なのかな?ドリルあたりなんて特に。会場出たら外はもう真っ暗。ガンダムもライトアップされていました。

ガンダムを見終わり外に出ると「篠原重工」?ガンダムの正面がパトレイバーてwと思いましたが鉄工所でした。残念。
夕飯を食べに富士宮に移動。

鉄板焼 ちゃんへ富士宮焼きそば、高速のSAで食べるのより、おいしかったですね。
もっちりした麺と一番は魚介風味のダシ粉ですね。おいしかった。
次の記事:C79旅行記-破

前の記事:C79 東京出陣
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR