気ままに絶チル! 忍者ブログ
↓新ブログはこちら 絶チル好きの旧ブログです


これって



これって



これって



lainの髪止め

久々に見たよ。


ひだまりスケッチ自体ははじめて見たよ。

面白かったです。総監督が新房昭之さんですから当然ですか。

ひだまりスケッチ
ひだまりスケッチ365

3連休てすごいな。
夏目友人帳

いやー夏目友人帳1話2話と見ましたがいい話しすぎる。

各話で一回は泣いてしまうよ。やっぱり年だな。

ゼッチルとはまったく違いますが、今のところ超お勧めです。

スカイクロラ

スカイクロラ一分アニメ

とリンクを貼っておきながら攻殻機動隊2.0を見てきました。

はっきり言って追加のCGはいりません。

昔のままで十分今以上に通じます。

攻殻機動隊1.1としてサウンドリニューアル版として出してほしかったな。

榊原良子さんの声はたまりません。


第七話「絆」
息子が交通事故で死んだのは、行政の対応が悪かったのが原因だ…。そう思い込んだ母親の和子は告発の運動にのめりこんでいく。恵美はそんな母を支えるが…。

脚本:鈴木雅司・金巻兼一 絵コンテ:小滝 礼 演出:山口美浩 作画監督:飯飼一幸



第七話   依頼者:茂木恵美 真堂 圭  ターゲット:茂木和子 五十嵐麗



今回は見ていてかわいそうになります。地獄少女のワラ人形もやはりもらった本人というか怨みの強い人にしか引くことが出来ないのですね。
最初は兄が母を憎んでいたのが兄の死をきっかけに妹が母を手に書けることになるとは。



それにしても今回はよく出来た話だった。こういう話がいいね。本当にかわいそうになってくるね。こんな母親だったら精神病院送りです。
市の対応、マスコミの対応すべてリアルすぎる。地獄少女はシュールリアリズムですね。使い方あってるか不明。



地獄少女は面白い


第六話「陽のあたる場所」
颯太が心に秘めているクラスメイトの少女・紀和子。声をかけることも出来ずにこっそり写真を撮るのが精一杯だ。そんな彼女を撮影するために行ったボーリング場で、颯太はとんでもない事を聞いてしまう。

脚本:高木 登 絵コンテ:名村英敏 演出:孫 承希 作画監督:秋山由樹子・鈴木彩子



第六話   依頼者:新田紀和子 小林沙苗  ターゲット:杉田宏久 諏訪部順一



最近はこういった逆転パターンが多いので次回予告やホームページを見ようか見ないでおこうか迷います。HPはアニマックスの放送が終るともう次回のことがわかったしまうのでちょっと危険です。



今回の逆転劇はすごかった。「地獄は本当にあるんだよ。」これは前回かwではなく悪いことをするよ地獄に行くよくない例ですね。前回のほうがわかりやすいいい例だ。一番かわいそうなのは新田紀和子だがこの現代では普通にあってもおかしくなく、とても怖い感じがします。地獄少女が仕事を請ける受けないはこんな風に決めるんだとわかりました。一木蓮などが下調べしなくても閻魔あいにはわかるのかもしれません。

地獄通信


第五話「地獄への暴走」
ホレた少女・泉が兄貴分の力也に取られるとわかった麗音。地獄少女との契約もヨユーで済ませ、ハッピーエンドを迎えるはずが…。

脚本:川崎ヒロユキ 絵コンテ:中山ひばり 演出:株本 毅 作画監督:萩原弘光



第五話   依頼者:山田麗音千葉一伸  ターゲット:橋爪力也小野坂昌也



だいぶ時間がたってしまったが今回はナンだろうね輪入道が怒るのも無理ないようなお話しだった。



それにしてもきくりが何をしたいのかどういう役割でやってきたのか全くわかりません。半分すぎたぐらいにはわかるかな?


第四話「秘密」
修一は女房の病気を治すために精一杯働いている。しかし医療費はふくらみ、徐々に修一を追い詰めていた。そんな修一がホストクラブを訪れる。その真意は…。

脚本:金巻兼一 絵コンテ:わたなべひろし 演出:神保昌登 作画監督:野口和夫



第四話   依頼者:八木沢修一遠近孝一  ターゲット:翔貴野島裕史



今回は1話で登場した新キャラが気になって気になってストーリーどころじゃなかった。それに次回予告をしっかり見ていないとあまり怨んでいるように思えないかも。



今回の小さい子ですが元はナンなのでしょうか?人間?
それにしては目が変な感じがするし、猫とかかも知れません。



気になってしょうがないのですが、柴田親子も出てくるのかOPではよくわからないので楽しみです。

地獄通信
アニメブログランキング


地獄少女二籠
今回も変わった感じのお話でした。内容は他にもいっぱい書かれているでしょうから割愛して。



今回もまた不思議の思ったのは死んだ「けいちゃん」はよみがえったのかどうかというところ、自分はあの引っ越してきたシーンからしてリセットされたと考えていますがどうなのでしょうか?



最近また地獄少女一部を見直しているのですが忘れているもんだなとあらためて思います。閻魔あいが過去を他の人に見せるのは第6話でやっているのですね、気付きませんでした。



他にも実名を入力しなくても地獄通信は通るとか新たな発見です。
閻魔あいはあまりしゃべらないからいいのだと思うこの頃でした。
アニメブログランキング


第二話「うたかた」
行方不明になってしまった妹を探すため、毎日チラシ配りを続ける一家。姉の弥生はずっと、不思議な幻聴を聞き続けていた。
脚本:広 真紀 絵コンテ:大畑清隆 演出:吉田俊司 作画監督:石川洋一

以下ネタばれあり。




第二話   依頼者:倉吉弥生桑島法子  ターゲット:犯人中村悠一

ということで今回はいつもと違うパターンで攻めてきました。
今回は双子の姉妹で妹が殺され姉はその原因を作ってしまったと自分を責めていたのですが妹の記憶?思いが姉に乗り移り最終的には地獄通信で契約が成立してしまうというものでした。
今回の地獄へ流すまでの能のシーンは無いなーと正直思いました。
いつもどおりでいいと思います。




今回は閻魔あいの新しい能力が公開されました。
それは他のものが見た記憶を再生するというものでした。
それともうひとつ。



今回は一目連の過去が話の中で出てきそうですね。第1話の少女といい。この一目連の女の影といい。今回は一人づつ掘り下げてやってくれそうですね。




でもやっぱり「恨み聞き届けたり」は、輪入道の声が一番だと思います。
アニメブログランキング
地獄少女 二籠

第一話「闇の中の少女」
首謀者がわからないクラスでのいじめ。悩んだ麻紀に手を差し伸べたのは教師の瑛子だけだった。しかし、その犯人は…。

脚本:金巻兼一 絵コンテ:大森貴弘 演出:大森貴弘 作画監督:岡真里子

ということで終わってさっそく書くのですが
よかった。本当によかった。何も変わっていなくてよかった。
ここでなんか変わっていたら見なくなるかもと思っていたが
いつもどおりのパターン(起承転結)、
超理不尽な起こり
事態が悪化し恨みが募り
地獄少女と契約
結果は物語によっていろいろ
と同じパターンを繰り返すのだがそれがいいのです。

HPを見ると話が終わったとたんに次回の犯人の名前がわかってしまうのだが次回予告でわかるからまーいいか。でもそこまでの過程と結果を見るのが楽しいんですね。

画像を用意したかったんですが話に夢中でキャプチャーがうまくいかなかった...



以下ネタばれ


冒頭は第一部の地獄少女になるまでの過去の話から始まり本編に
今回は学校でいじめに会っているのだが誰が犯人かわからない。
地獄通信に毎晩クラスメイトの名前を書いては、消してを繰りかえしていて閻魔あいに目をつけられる。
でもイタズラをする犯人は先生だった。先生に裏切られ地獄通信に名前を書いて送信ボタンを押してしまう。
で、いつもどおり説明を受け、最後のとどめを受け糸を引いてしまう。
という風にいつもどおりのながれだった。

ただ単に終わらないのが地獄少女のいいところ
今回も依頼者:恩田麻紀広橋 涼  ターゲット:神代瑛子浅野まゆみ
ということだったのですが本当の災難はこれからという具合に真の犯人は委員長という実に厳しい落ちでした。

地獄少女などこういう番組は反面教師的な話が多いですね。
だいたい日本の妖怪が出てくるような話はそうです。(げげげの鬼太郎など)
これからも地獄少女で楽しめそうです。
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶チル関連商品
絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。 椎名先生関連商品
ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR