忙しすぎて最近少々睡眠不足 Unchained memory - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_7368.jpg333rd sense.アンチェインド・メモリ(1)
ということでタイトルからすると「開放された記憶」でしょうか?主人公は不二子ちゃんぽいので今回は不二子ちゃんから見た少佐が書かれるのかもしれません。だとすると伊号が志賀に見せ、不二子ちゃんただ一人のみが生き残った兵部京介少年兵死亡日の1945年8月7日前後を回想でやってくれたりしないかな。何故不二子ちゃんは病衣ぽくて腕を怪我していたのかなど気になるところはいっぱいあるのですが、一番気になるのは不二子ちゃんの体の限界ですね・・・

ということでサプリメント:今までなんとも思っていなかったものも意識した途端怖くなるというやつですね。2本目は命令が聞こえなくなると恐怖で壊れてしまうギリアムクローンに対しナイが新たな資質に覚醒したようです。まぁユウギリには可愛さではどうやっても勝てそうにないですからねw

扉:不二子ちゃんの寝姿、まおゆうの魔王のようです。

本編:紫穂やっぱり怖いな・・・おじさんホイホイだよ。こう見えても脱いだらすごいというか、すごいですから・・・犯人を安心させておいてサイコメトリーするだなんて、ガードが硬い相手でも紫穂にかかればイチコロなんだろうな・・・紫穂も学生服で囮捜査やったら学校モロバレな気がするが、まぁ記憶消されるんだろうねw

山手線で爆弾テロか、前にこういうの書きにくいとサプリメントで言っていたが、そこは東京以外の地名とかをもじることで対応しているのだろうな。

葵のテレポートは初め空間認識に時間がかかるため短距離だとサイコキノのほうが早いというエピソードもありましたね。そして最初読んだ時、兵部フェザーがバック持ったまま飛んでいき、ハーマイオニーのように爆散したのだと思ってしまいましたがそんなことはなかったwそれにしても任務でこんなに低予算で遂行したのって見たこと無いな、電車のガラス一枚だけですからね。

管理官、京介君と京介が重なって見えた途端に心停止。心臓止まっても脳は生きているというのは本当なのですね。まぁ笑ってやり過ごそうとしていますが、今後不二子ちゃんはその時が来るまで眠りについてしまうかもしれませんね。

不二子ちゃんも退場したら、少佐も退場、ユーリモ退場していますからこのエピソードの後に何が来るのか想像出来ません。まぁそろそろ葵回が来てもいいですよw

アニメブログ絶対可憐チルドレン33巻AABLOGPEOPLEよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR