10日は各社アニメ情報誌発売日 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ということで、タイトル通り10日に本屋に行った所・・・

あれ・・・

・・・

THE UNLIMITED 兵部京介の文字が全くといっていいほど見当たりません。その中でかろうじて有ったのがアニメディア。小学生編の絶チルの時はひとつもないかこんな感じだったということなので小学館が他誌にお金を使うこと無いのかなと思っていたらマギの記事はいたるところにあるのでアンリミももっと宣伝して欲しかったなと思いました。

まぁ、悲しんでばかり居てもしょうがないので新情報を探します。
基本ビジュアルなどは全て既出でした。もっとがんばってくださいよ。
違うといえばストーリー説明。「場所が東南アジアの亡国となっています。地域は初出かな。でもエスパー監獄島の名前(デッドロック)は公式には出ているのにこっちにはないですね。アンディヒノミヤに「シャバに出られたらお前の手下にしてもらうからな」と軽口を叩かれた京介は、カレに「外に出してやろう。君も約束は守れよ」と言って笑った・・・・。
て全然説明になっていないじゃないですかwこれは笑ったな。
後は既出のパーマンバッチはリミッターになっていることも書かれていましたね。能力の発動についてその表現方法は映像、効果音共に本作ならではのものを目指して鋭意制作中とのことなので、通常のアニメで言う変身シーンのように何かあるのでしょうかね。アニメ版の絶チルでは古いアニメのパロディが多かったですかそいう感じでやるのかな?だとするとバビル2世はありそうだな。
今回のキーワードはタイトルにUNLIMITEDとあるように「無限」。兵部やパンドラ面々、原作の「絶チル」、そして本作が持つ「無限の可能性」を示す言葉です。「無限」が解き放たれる瞬間をお楽しみに! とのことです。
絶チルのプロデューサーさんは松田章男さんで最近はハヤテのごとく!神のみぞ知るセカイを担当されているようで、その流れで東山奈央はP推しということみたいですね。昔にはハンドメイド・メイも担当されていたことがあるようです。懐かしいな。皆誰か推してる子が出てる気がする、山本麻里安に魔法遣いに大切なことは宮崎あおいか。
今回はカタストロフィ号が物語のメイン舞台としてちょくちょく出るらしいので船に乗って少佐が世界各地に出没し物語を作っていくようです。

とこんなかんじに簡単にしか情報はなかったので次の月の雑誌にはもう少し期待したいです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR