600万ドルの男 - 気ままに絶チル! 忍者ブログ
絶チル好きのブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

600万ドルの男をWikiで調べると今回のお話のヒントが見えてくるかも知れませんね。
ストーリーの事故にあい、命は取り留めたものの、左目失明、右腕・両足不随となる重傷を負った。NASAのメディカルスタッフによって失われた人体を補完強化する改造手術を受けてバイオニック・マン(サイボーグ)となった彼は、その強化された力を使い、政府の秘密情報機関・OSIのエージェントとして活躍することとなった。からキャリーのように超能力開花実験中に何かが起こり、二人目のサイボーグ、バーニー(600万ドルの男)のように自分のパワーをコントロールできず精神不安定になってしまった。どうしようもなくなったところを一人目のキャリーの実績から皆本が抜擢されたとか?そんな感じかな。それとも、能力だけが同じとか?下見る限り今までに出てきていない能力っていうわけでもないからないな。
左目―望遠20倍;赤外線の範囲まで可視可能、顕微鏡機能。右腕を特定のLSI回路に近づけると感知する機能を組込んだこともある。
右腕―コンクリートも砕くパンチ力が出せる。両足―最高時速60マイル(≒96km/h)で走れる(100m走3秒7)。
心臓は、右腕、両足に血液を供給する必要がないため、100km/hで走っても心拍数は平常時と変わらない。義手・義足の動力源は原子力電池。

NASAのメディカルスタッフによって失われた人体を補完強化する改造手術が、メアリーフォードの「巨乳はNASAの改造手術の成果」に繋がっている気がするw

コメントにも頂きましたが今回も戦闘機などがいっぱい出てきており機体を特定している方々がいらっしゃいましたね。私はわかりませんが、A-12/SR-71 ブラックバード超音速戦略偵察機川崎C-1(輸送機)観測ヘリコプターOH-1敵陣に忍び込み情報を得る任務から、『ニンジャ』の愛称とのことです。
ネームできてスタッフが背景の先行作業開始。漫画家時間単位では今日の昼まではまだ木曜日だ!と書かれているようにアシスタントの方が書かれる背景、機体が素晴らしいですね。
編集さんの煽りの「もう一人の・・・超度7!?」でJ. D. グリシャム大佐がレベル7だったことを思い出す・・・
アニメブログ絶対可憐チルドレン25巻AA人気ブログランキングよろしくお願いいたします。
最近の椎名先生の発言を見ていてパトレイバー13巻のP9-11がものすごく当てはまる気がしてなりません
週刊誌の作り方知ってるかい?強きをけなし、弱きをわらう。
勝者のアラさがしで庶民の嫉妬心をやわらげ、敗者の弱点をついて大衆にささやかな優越感を与える。
これが日本人の快感原則にいちばん合うんだな。卑しい国民だ。

10年前のPower Mac G4とか引き合いに出しても仕方ありませんよね。値段が20万-100万する物と比べても・・・今でもPC98が動くのとかわりない比べ方ですから。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン35巻絶チル関連商品は、こちらからどうぞ。ドンドン買って椎名先生の作品が続くようにしましょう。
椎名先生関連商品
←絶チル35巻限定版もあり


ブログ内検索
広告
アーカイブ
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ
PR